肌トラブル女子のひとりごと

肌が酷く荒れてしまい、スキンケアの方法が分から

肌が酷く荒れてしまい、スキンケアの方法が分からない場合は、まずは皮膚科を訪れ相談すると安心です。荒れた肌用の保湿剤やビタミン剤などを必要に応じて処方してくれます。

後、早寝はやおきによって質の高い睡眠をたくさんとるようにして、ビタミン、ミネラルを多く含有する食材を積極的に摂るようにするといいと思います。体のラインがゆるむとなんだか老けて見えますよね。以前、雑誌で話題になっていたファスティングに、ついにチャレンジしてみました。


その結果、3kg体重が落ち、憧れの40kg台になりました。でも気になることもあるんです。
リバウンドしないよう気をつけて、睡眠時間や栄養もしっかり確保していたのにもか換らず、首や顔の肌がくすんで、夕方にはシワが目立つことも(!)。
急に痩せてシワが出るほどの体型ではないんです。


そもそも顔は痩せてないし。


どうでしょう。



これってダイエットと関係あるのでしょうか。お手入れ不足も考えられるので、肌のメンテを集中的にするつもりでいます。



またダイエットできるようになると良いのですが。皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、鼻かぜや花粉症で花を何度も何度もかんでいると、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。というのも、肌の一番外側に位置する表皮はごく薄い層の集まりで、傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといっても良いですね。この表皮が薄くなってしまうと、そのすぐ下にある真皮までダメージが届く可能性が高まります。
そんな風に真皮が損傷を受けてその機能が低下してしまうと、肌を支えていられなくなって、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。

基礎化粧品は誰もが使用するものですが、どうせならばエイジングケアの化粧品を使用したほうが良いと思い、最近、基礎化粧品を変えることにしました。

やはり年齢相応の商品のようで、使ったら肌のツヤ、ハリが明らかに変わりとても化粧のノリが良く、こんなことならばもっと早くに使用していればよかっ立と少し後悔しています。
ここ数年間のことですが、肌のしわのことが気になってきて、仕方がありません。


内心特に何とかしたい気持ちでいっぱいなのは笑いじわで、目尻にできるアレです。

目の周りの皮膚は他より薄くて、しわが発生しやすいところなので、こまめなスキンケアを行なうようにしている部分なのですが、この場所は乾燥しやすいこともあって、その対策も必要になりますから、クリームを塗り重ねることで、何よりも保湿を大切にするように自分に言い聴かせています。

洗顔をする場合、ごしごしと洗うと乾燥肌にはたちどころに傷がつきますから、優しく洗うようにしてちょーだい。

さらに、化粧水は手に多めに取り、手のひらで温かくするようにしてから肌につけるようにしましょう。
あまり温度が体温に近づくと浸透力が一段と高まり、より肌に化粧水が吸収されやすくなります。
肌にシワはどうやってできるのでしょうか。原因なら、乾燥の影響が大きいようです。エアコンの効いた乾燥しきった部屋にいたり汗をかき、汗とともに肌の保湿成分が失われた時は最大限の注意を払いましょう。
肌の乾燥を防ぐための具体的な方法としては、とにかくまめな保湿を心がけることが大切です。



そういう場合に便利なのがスプレータイプの化粧水です。



小さなものを持ち歩いて、思い立ったらひと吹きするといいと思います。


それと、大量の汗をかいた後などは、すみやかに保湿を行ないましょう。基礎化粧品で最初に使うブランドのものは自分の素肌にあっているのか定かでないので、使うのに少々考える所があります。

特に店頭でのチェックでは分かり得ないこともありますので通常よりも少し小さい大きさで、割の良いトライアルキットなどがあれば体操(ムリをせず、正しいフォーム(形や形式、書式などをいいます)を意識して、毎日コツコツやることが大切です)嬉しいです。
肌が赤くなりますと、そこがシミになる時があります。

たとえば、よく聞くのに日焼けがあります。

ヒリヒリ気になるときだけではなく、何も感じなくても本当は軽い炎症が起こっています。健康肌の秘訣とは、紫外線が鍵なのかも知れません。肌トラブル(まずは、その肌トラブルが起こってしまった原因を知り、改善していくことが大切でしょう)の悩みと言えば、シミが多いことです。紫外線による日焼けや加齢などで、メラニン色素が沈着するという原因で、その結果、シミが実年齢以上に老けている悪印象をもたせています。シミが顔にできてしまったら気になって仕方がありませんが、日々のスキンケアで防ぐことも出来ますし、スキンケアが不十分でシミができてしまっても、他に方法はあります。

関連記事